2021年05月14日

台湾の新型コロナ対策実例

市議会に台湾の大使館にあたる台北駐日経済文化代表処横浜分処の張淑玲(チョウ シュクレイ)処長をお迎えし、「台湾モデルと称賛される新型コロナ対策と台日関係の絆」をテーマにご講演頂きました。

4E5B7445-A5A9-4379-9003-CFAA76C7F4E0.jpeg

台湾は(人口約2,357万人:面積約36㎢)新型コロナウイルスの蔓延初期の段階でいち早く抑え込みに成功した地域として知られています。
その要因の一つとして張処長は、リーダーシップと有事感覚を挙げていました。
武漢で発症者が確認されたあと様々なチャンネルを使って情報収集を行い、12月31日には蔡総統自ら国民に向けたメッセージを発信したとのこと。
そしてすぐさま指揮権を統一し、早い段階での水際対策、マスクの輸出禁止(台中輸入依存率90%から域内生産に切り替え)、SNSを活用したプッシュ型情報公開の実施など、施策の素早い展開がなされたそうです。
これには2003年に流行したSARSの失敗経験の反省と教訓が生かされたとのことでした。

世界的に大流行する中ここまで上手く抑え込んできた台湾ですが、一昨日に16人、昨日は13人の新規陽性者が確認されたことを受け、屋内施設の一部閉鎖や屋外イベント等の一部中止を決定したそうです。
さらに、今日の結果次第では一部業態の休業要請も検討しているとのこと。

張処長の話を聞いて、感染症に立ち向かうにはスピード感と国民への説明責任の重要性を改めて感じたところです。
地方自治体としても、新型コロナウイルスの収束に向けてフットワークの軽さを活かした施策を展開していければと考えています。
posted by 高野たけし at 15:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

迅速な対応に感謝

一昨日、市民の方より「沼間6丁目地内の市道に敷設されているグレーチングが破損している」との話があり現場を確認。

9C7C19B0-90F9-48A3-9ED7-84FCD3F42CB6.jpeg

当該道路は幅員も狭いため歩行者が足をとられ転倒する危険もあることから担当所管に修繕を要請したところ、本日修繕が完了したとの連絡を頂いたところです。

0AF01EAA-AFA9-4450-B075-205677FB8DF8.jpeg

また、近隣の不安定になっていたグレーチング(歩行者や車が上を通るとガタガタと大きな音がなってしまう)箇所も合わせて補修してくださいました。
いつもながら迅速に対応してくださる現場班の皆様に感謝です。
posted by 高野たけし at 14:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

ワクチン接種が始まりました

本日より新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。
接種会場となっている市民交流センター前には警備員や誘導職員を配置しスムーズな対応ができているようです。

602D442E-D027-486B-961E-4A4CB4B22AD9.jpeg

本市では予約時の混乱を避けるため、現在対象となっている65歳以上の方(約2万人)については年齢順に接種券を発送しており、すでに82歳以上の方6,100人に送付済みとなっています。
今後もワクチンの供給量に応じて国が示す優先順位に則って接種券が届けられることになりますが、一日も早く対象となる16歳以上の市民全員に発送できるよう議会としても対応していきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

急がれる崖地対策

新宿4丁目地内の崖地対策の相談を受け現地へ。

DC96CF83-0C6C-4BCB-A07D-937F4982B633.jpeg

当該地の住宅裏手には県が設置したコンクリート張工の用壁があるものの、その上部は斜度が30度を超える斜面地が広がっているため、今年度レッドゾーンの指定を受けています。
さらに、斜面地の上には開発途中のまま管理が中途半端な状態となっている土地が広がっていることからも、近隣にお住まいの皆様は安全面でかなり不安に思われているとのこと。

第一義に土地所有者が安全管理を行うべきものなのですが、斜面地の広さや当該地の置かれている状況などを考慮して、県の制度等を用いて安全対策ができないものか市の担当所管と協議をはじめたところです。

一日も早く近隣住民の皆様が安心できる対策を講じられるよう、引き続き対応していきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 13:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

崖崩れ対策工事が完了

市内で頻発している崖崩れを受け実施された危険箇所調査において、市道沿いにおける対策工事必要崖地が20ヶ所(市有地7ヶ所、民有地13ヶ所)にのぼる事が明らかになりした。
その内の一つになっていた池子2丁目地内の対策工事が完了したとの連絡を受け、本日土地所有者4世帯の皆様と現地を確認させて頂きました。
09E99A5D-E00E-48DE-B2CD-49D4CF41A599.jpeg

工事前は鬱蒼と生い茂る草木に隠れ地盤面の状況は視認できませんが、近隣で発生した崖崩れを考えると地盤の緩みはあったものと考えられます。
114E19B9-B0A1-4643-A0A2-1ADBB1B01FD4.jpeg

当該地は民有地のため、市からの補助金は出るものの各世帯の負担額は大きかったと思います。
しかしながら、隣接する市道306号線を通行する人達の安全を考え早急に対応頂いた事に感謝する次第です。

危険とされている民有地の崖崩れ対策がさらに進むよう、市としてもサポート体制を強化していくべきと考えています。
posted by 高野たけし at 11:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする