2017年09月02日

久木小学校区住民自治協議会

久木会館にて開催された久木小学校区住民自治協議会役員会にオブザーバーとして参加させていただきました。

IMG_2125.JPG

来年度の自主事業や全世帯に配布する会報の内容、地域活動センターの今後の運営方法などについて話し合いが行われました。
また、田倉会長から顔の見える地域コミュニティーの形成について、自助と共助の間に位置する『近助』作りの必要性に関する提言があり、参加者からは様々な視点での意見が出され、時間を忘れた活発な議論に発展。

久木小学校区の住民自治協議会は発足してまだ日は浅いですが、役員をはじめ参加されている方々の地域を思う気持ちは熱く、非常に良い形でスタートが切れたのではないかと感じています。
現在67名(内個人会員29名)の会員で運営している住民自治協議会ですが、さらに会員を増やし、より多様な意見を地域作りに反映させていくことが今後の課題の一つではないかと思っているところです。
posted by 高野たけし at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

『ちょっと昔の逗子のお話の会』

5回目となる『ちょっと昔の逗子のお話の会』。
今回は2017ずし平和デー参加企画として、『終戦前後の逗子の子どもたち』をテーマに、野村昇司先生の話と森田美智子さんの朗読で行われました。

IMG_2111.JPG

小坪地区にあった国民学校の生徒たちの日常の中で起こった戦時中の出来事、小坪地区に作られた2つの洞窟砲台、3基の高射砲台の作業に内容を知らされず子どもたちも手伝わされていたこと、新聞の配布を6年生の生徒たちが手分けして行っていたこと、学校に唯一残っていた男の先生も昭和20年に出征してしまったことなど、生徒たちの心情を交えながら当時の様子を聞かせてくれました。
そして、終戦直後の昭和20年10月20日、旧日本軍が小坪に残した砲台跡地で地域の子どもたちが犠牲になる爆発事故が起こり、このことは事故から31年後に毎日新聞が記事にするまで公表されることはなく、歴史に埋もれていたとの話も。

幼少期に戦争を経験した野村先生だからこそ、その言葉には重みがあり、二度とこのような悲劇を繰り返してはいけないという強いメッセージが伝わってくるお話の会となりました。
posted by 高野たけし at 15:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

厚木基地を視察

議会のメンバーと共に、厚木基地を訪問。

IMG_2048.JPG

厚木基地は、大和市、綾瀬市、海老名市の3市にまたがって所在しており、その広さは東京ディズニーランド10個分の507万uとなっています。
また、この施設内には海上自衛隊厚木航空基地もあり、全体の51%を日本政府が管理しています。

今回の視察では、厚木基地の歴史や役割、緊急・災害時の対応と共に、米軍と近隣住民との親善交流などについてもブリーフィングを受けました。
池子米軍住宅がある本市においても、日頃から様々な交流イベントが行われていますが、厚木基地ではそうしたイベントでの交流の他に、近隣小中学校にボランティアティーチャーを派遣し英語教育のサポートも行なっているとのことで、非常に興味深く参考になるお話を聞くことができました。

その後、同じ基地内にある海上自衛隊厚木飛行場に移動し、海上自衛隊厚木航空基地広報資料館を見学。

IMG_2075.JPG

貴重な資料を見ながら、戦後の混乱期の大変さ、そして現在の第4航空群の役割などについて、広報官の方からお話を伺いました。

同じ神奈川県内ではありますがこれまで視察する機会がなかったので、本日は貴重な経験となりました。
posted by 高野たけし at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

高野新聞87号

第2回定例会終了後、定期的に発行している高野新聞の配布を各駅頭をはじめ市内各所にて行いました。
多くの皆様にお受け取りいただき本当に感謝です。

また、配布活動を通じて皆様から頂戴したご意見、ご要望については形に変えるべく努力してまいります。
頂いたご意見、ご要望の結果はもとより、進捗状況についてもブログや高野新聞を通じてご報告してまいりますのでチェックしてみてください。

本日HP上にも「高野新聞87号」をアップしましたので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
http://www.takano-takeshi.com/
posted by 高野たけし at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

水たまり対策

海岸中央に位置する新宿6号地下道。
市役所から海岸に続くシンボルロードの先にあり、海水浴場開設期間はもちろんのこと、普段から多くの人が利用する場所です。

このトンネルですが、水捌けが非常に悪く、雨が降った後などは通行に支障をきたすこともあるため、市の職員と一緒に改善に向けた現地確認を行ったところです。
その結果、水捌けの悪さに加え、134号線からの雨水の流入も原因の一つではないかと考えられたことから、まずはスロープの形状変化の前に雨水の流入を防ぐ改修を行うことに。

%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%90%88%E3%81%84%E8%A3%9C%E4%BF%AE%E5%BE%8C.jpg

ここ数日、雨が降ったり止んだりの天気が続いておりますが効果が出ることを期待しています。
posted by 高野たけし at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする