2020年02月03日

節分

冬晴れの下、地元久木神社へ。
草分稲荷大明神にて初午祭が、本殿で節分祭が執り行われました。

8C740CC4-2EC1-405A-907B-30BEE686D566.jpeg

今年年男となる私も、地域の年男・年女の皆さんと一緒に宮司さんから無病息災を祈願して頂きました。

その後は境内での豆撒き。
今年は平日ということもあって学校帰りの小中学生も多数集まり、賑やかな時間となりました。

185A88D6-FDF8-4655-8C6F-6688C2125C9A.jpeg

また、節分と言えば恵方巻という方も多いのではないでしょうか。
恵方巻のルーツは、江戸時代から明治時代のころ節分になると商人たちが商売繁盛を願って恵方巻きを食べていたのが始まりという説や、戦国時代に出陣する武将が節分に太巻きのようなものを食べて戦に出たところ大きな勝利を収めたため、太巻きを縁起の良いものとして考えるようになったものが始まりと言う説など、諸説あるようです。
今年の恵方は西南西とのことなので、願い事をしながらガブリついてください。
posted by 高野たけし at 17:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

県内唯一の避難港

小坪漁業協同組合の大竹組合長の船に乗せてもらい、油壺にある県の漁船避難港を視察。

61E94BC1-7412-47EB-90DC-8D26280030CD.jpeg

ここは県内唯一の避難港のため、昨年発生した超大型の台風15号、19号の際は100隻以上の漁船が避難したとのこと。
しかしながら避難した船の中には被害も出ており、課題も浮き彫りに。

湾内の岸際には水深が浅いところもあり、滞留した泥等が撤去されればより多くの船が係留できるようになるとのこと。
また、周りが木々に囲まれてるため、上陸した後の通路整備もあると助かるそうです。

2369D66F-BF8E-492B-B69B-533CD8573890.jpeg

そして、すでに使用されていない桟橋などの障害物も風に煽られた船を傷つけてしまう要因に。

A158A166-4E8B-4C49-A8E2-A76B4FB0D397.jpeg

さらに、昨年の台風時に船を固定するアンカー自体も動いてしまったため、このままでは使用できない状態となっています。

C2832279-7A40-4C6C-929C-DC001AC20EB0.jpeg

神奈川県は毎年複数の台風通過に見舞われますし、超大型台風が今後上陸する可能性を考えると早期の改善が必要であることからも、市を通じて県に要望していきたいと思っています。
posted by 高野たけし at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

全国市議会議長会基地協議会

全国市議会議長会基地協議会が開催される千代田区にある都市センターホテルへ。
役員選考委員会と理事会をこなした後、第83回総会に出席。

FDF89932-90E6-4919-8518-037DEE779EA5.jpeg

本日の会議では、平成30年度会計決算、令和2年度の活動方針(案)・事業計画(案)・予算(案)をそれぞれ議決。
また役員の改選も行われ、新会長に山口県岩国市議会議長を選出。
逗子市は前期に引き続き理事に就くことになりました。

さらに、総務省自治税務局固定資産税課の福田課長と防衛省地方協力局地方協力企画課の品川課長から各省の令和2年度予算案について説明がありました。
総務省が所掌する基地交付金(国が米軍に使用させている土地・建物・工作物、自衛隊が使用する土地・建物・工作物が対象)、調整交付金(米軍資産となる建物・工作物が対象)共に前年同額の予算額(基地交付金:291億4千万円、調整交付金:74億円)に決まったとのこと。
来年度逗子市へは基地交付金と調整交付金は合わせて2億9,058万7千円の交付が予定されています。
そして、防衛省が管理する基地周辺対策経費においては前年度対比で7.4%増の1,555億8,100万円(歳出ベース)が計上されたとのことで、個人への施策に約698億円、地方公共団体等への施策に約857億円が割り当てられるそうです。

現在、全国市議会議長会基地協議会には206市町村が加盟しており、それぞれの自治体が抱える関連施設の規模や機能は違いますが、各自治体から上がってきた課題を共有し解決に向けて議論を深める有益な時間となりました。
posted by 高野たけし at 19:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

逗子葉山建設組合新年会

逗子葉山建設組合の新年会へ。

A78B4D0E-CA6D-450F-9C76-657564C9D5D9.jpeg

増加傾向にある空き家対策(別荘などのニ次的住宅を除く逗子市の空き家率は9.4%)に加え、まちづくりにかかる条例内容の見直しなど、建設事業者ならではの目線から様々なアドバイスを頂きました。
本市の今後20年間の人口減少率が−17.5%との推計値が出されている事を考えると、市内居住地域のゾーニングと合わせて住宅供給体制の再構築も必要な施策の一つであると感じています。
人口減少を少しでも緩和させるべく、子育て支援体制の拡充や移住希望者増加を目的とした取り組みも進めつつ、多くの情報を元に新たな視点でまちづくり政策の立案に取り組んでいきたいと思っています。
posted by 高野たけし at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

賀詞交換会真っ盛り

今日は公務の後、賀詞交換会のトリプルヘッダー。

1A6E5AE7-2DE4-498A-AE53-B9E0487EE3B7.jpeg

逗子市商工会、全駐労横須賀支部、逗子市職労と回らせて頂きました。
ほぼ同時刻の開催であったため、中座、遅参を繰り返す事になってしまいましたが、それぞれの会場で貴重なご意見を伺い有意義な時間となりました。
特に人口減少社会を迎えた今後のまちづくりに関しては、諸団体と連携を強化していくためのアイデアも沢山頂いたところです。
こうした機会を大切に、引き続き市民目線のまちづくりを進めていきたいと思います。
posted by 高野たけし at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする