2018年09月05日

誰もが通りやすいアプローチ道へ

池子の森自然公園では、緑地エリアが開園される土曜・日曜・祝日に限り、久木側の出入り口が解放されます。

IMG_0605.jpg

これまでは池子ゲートからしか中に入ることができなかったため、特に市の西側地域に住まわれている方々からは久木側出入り口の新設を喜ぶ声も聞こえてきております。
その一方で、「車椅子を押しての通行は無理で行くことを諦めた」、「高齢者でも訪れやすい通路にしてほしい」など、ゲートまでの通路の整備を望む声もあります。
現地を実際歩いてみると、未舗装で起伏があるため、車椅子やベビーカーを押しての通行だけでなく、小さいお子さんや高齢者の歩行においても大変であることがわかります。

IMG_0613.jpg

こうした現状を鑑み、担当所管に対しては当該地の所有者である国と協議しゲートまでのアプローチ道の整備を行っていただくよう提言したところです。

共同使用となり、このまちに残された素晴らしい自然環境に触れる機会を得られたわけですから、より多くの人たちが支障なく行けるようになればと思っています。
posted by 高野たけし at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

地域課題の解決に向けて

毎月第一土曜日恒例の久小学区住民協役員会が開催されました。

C908B7EE-C19C-4583-A7B8-7DF0BC0A0745.jpeg

部会報告では、ふれあい部会から「ふれあいサポーター制度」の話がありました。
これは、ごみ捨てや買い物、見守りなど、日常生活の中での困り事をサポートするもので、山の根地区でテスト運用(2019年3月まで)し、その後久小学区全域に広げていきたいとのこと。
サービス料金は30分300円で、サポーターは登録制とするそうです。

また、10月14日に予定されている久小校区避難所訓練と絡めて、要援護者支援を今後どのように行っていくかの議論に。
高齢化率の高い本市だからこそ、共助体制の確立は喫緊の課題と言えます。

そして、夏休み期間のため8月はお休みになっていた「みんなの食堂」の9月開催日が決定。
9月28日(金)、久木会館にて17時から食事提供を開始。
メニューはあかもくご飯、豆腐と鶏のつくね、おひたし、みそ汁を予定しているとのこと。
地域住民のネットワークづくりの場となっており、どなたでも参加できますのでお時間がある方は足を運んでみてください。
posted by 高野たけし at 15:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

平成30年第3回定例会

本日、平成30年第3回定例会の日程案について議会運営委員会で協議した結果、9月3日〜9月28日の会期で開催することになりました。

B6C0E5DE-8889-410C-9AA7-970FA814A522.jpeg

皆様から提出された陳情の審査を行う各委員会の開催日は以下の通りです。

教育民生常任委員会 (9月4日・火曜日)
・陳情第30号 2019年度における「重度障害者医療費助成制度の継続」についての陳情
・陳情第31号 2019年度における透析治療への通院困難者に対する「通院支援」の継続についての陳情

総務常任委員会 (9月5日・水曜日)
・陳情第32号 同性パートナーシップの公的承認についての陳情
・陳情第33号 鎌倉市で検討している(仮称)鎌倉ロードプライシングの逗子市への影響に関する陳情
・陳情第34号 鎌倉市の焼却ごみを環境クリーンセンターに受け入れる事に関する陳情

なお、「陳情第35号 平成30年第1回定例会における議案等の賛否状況についての陳情」については参考配布となったところです。

また、第3回定例会では14人の議員より一般質問の通告があり、こちらは9月26日、27日、28日の本会議で行うこととしたところです。
本会議は傍聴もできる他、市議会ホームページのネット中継でもご覧になることができます。
posted by 高野たけし at 14:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

『消された村柏原(カシャーばら)』

ずし平和デー2018のプログラムの一環として、『ちょっと昔の逗子のお話の会』が行なわれました。
会場の逗子文化プラザさざなみホールは150名を超える入場者で満席に。

E88AC74C-918F-4570-B1D2-1AD0402D1DEA.jpeg

今回のテーマは『消された村柏原(カシャーばら)』。
元逗子市教育長で絵本作家の野村昇司さんのお話と、ちぎり絵画家の森田美智子さんの朗読で進められました。

現在の池子の森自然公園緑地エリアの場所に、久野谷村柏原と呼ばれる12軒(13軒や15軒であったとの資料も存在)の集落がありましたが、昭和16年旧日本海軍がこの地に弾薬庫を作るため接収されてしまいました。
移転を余儀なくされた柏原の人たちは、久木地区にあった約4,000坪の菜園に集落ごとの移動を試みたそうですが、地権者との交渉が難航するなどし、結果7軒(諸説あり)の家族が同地に引っ越したとのこと。
代々受け継いできた地を離れなければならなかった住民たちの辛さと、生活が一変する苦労は容易に想像できます。
私たちはこうした歴史があったことを認識し、後世に語り継いでいくことの重要性を改めて感じたところです。
posted by 高野たけし at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

海岸パトロール

関係団体の皆さんと今年最後の逗子海岸パトロール。

1F9CBB7C-F6F3-45B7-B9BC-3DAD439FA008.jpeg

通過した台風の影響で日中は強い風も吹いていましたが、夏の終わりを楽しもうと今日も多くの海水浴客が訪れていたようです。
明日まで開催されているうみ呑みイベントの影響もあってか、パトロール開始の18時でも人は多かったのですが、大きな問題も見受けられず、ノンビリとした空間が広がっていました。
条例制定から5年、ファミリービーチとして浸透してきたことを実感したところです。

また、オンショアと波の影響で西浜には多くのカツオノエボシが打ち上げられていました。

641E9539-AD26-4F15-A8FA-F511F0E1027C.jpeg

小さいものが多く注意していないと踏んでしまったりする恐れもあるので、遊泳時だけでなく波打ち際を歩く際も気をつけてください。
posted by 高野たけし at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする