2021年03月01日

ワクチン接種の準備状況

本日は本会議が開催され、報告1件、議案21件が上程されました。

E91532F4-86CA-47BE-BB3A-01F614CC201F.jpeg

補正予算案には新型コロナウイルスワクチンの接種予算も計上されており、複数の議員から質問がありましたので、主なものをご報告します。

・ワクチン接種に関する準備状況は?
4月の初旬から接種できるよう、会場、人員等の準備を進めているが、ワクチンがいつ届くかによって接種時期は変わってくる。
国からの話では4月26日から接種可能な日程で各自治体に配布される予定とのこと。

・接種会場はどこに?
市民交流センターを想定しており、ワクチンの入手が進めば第2会場としてスマイル(池子第一運動公園横)の多目的ホール(スポーツルーム)を考えている。
また、診療所などにもサテライトとして協力していただく方向で協議している。

・近隣市町との広域連携は?
現在、葉山町、医師会と協議中である。

・予約方法は?
電話(コールセンター9回線)、インターネット、ラインで予約を行えるようにして分散を図る。
また、供給されるワクチン量に応じて接種券の配布時期を年齢毎に区切りコントロールすることも考えている。

・1日に対応できる人数は?
接種時間は1人あたり5分、5レーンの設置を考えているが、会場の開設時間をどの程度確保できるかによって変わってくる。

・人員の確保は?
すでに確保はできているが、さらに余裕を持って対応ができるように看護師の増員を進めていく。

・接種会場に行けない人への対応は?
各福祉施設には巡回チームの派遣を検討している。
自宅で介護を受けていて外出できない希望者には、かかりつけ医と相談し対応を考えていく。

・希望者へのワクチン接種完了の目処は?
9月末までには完了できると考えているが、ワクチンの供給量によっては変わってくる。
また、診療所のサテライト化が進めばさらに早くなる可能性はある。

・予約キャンセルへの対応は?
開封済みのワクチンが無駄にならないような方法を現在検討中である。

・隣接する逗子小学校の安全対策は?
誘導員、警備員等を配置し、登下校時の児童の安全確保を図っていく。

すでに医療関係者へのワクチン接種が始まっている自治体もあり、連日関連するニュースが報道されていることからも逗子市がどのような状況にあるのか気になっている市民の方も多いことと思います。
希望する方々に1日でも早く接種が可能となるよう、議会としても協力していきたいと考えているところです。
posted by 高野たけし at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする