2020年12月13日

池子の森自然公園・緑地エリア

冬晴れの下、池子の森自然公園・緑地エリアを散策。

E40D7C34-097E-4DD7-B764-CEF1A4E462F6.jpeg

本日もお散歩やピクニックを楽しむ家族連れ、小さいお子さんと自転車の練習に訪れた親子など、ソーシャルディスタンスを保ちながら思い思いに休日を過ごされる姿が見受けられました。

緑地エリアはスポーツエリアの利用開始から遅れること1年、平成28年3月から土曜、日曜、祝日限定で開放。
自然が多く残る地域住民の憩いの場所の一つとなっています。
しかしながら、週末及び祝日のみと開放日が限定されているため、平日への拡大を希望する声も。
また、当初整備が予定されていた池子遺跡群資料館・文化財展示収蔵施設、野外活動施設や散策路、ドッグランなど、現在ペンディングとなっている施設整備の方向性も定まっていない現状にあります。
こうした状況を踏まえ、現在開会されている市議会第4回定例会の一般質問では、池子の森自然公園の整備と利活用について取り上げたいと考えています。
posted by 高野たけし at 11:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする