2020年04月30日

新型コロナウイルス感染症対策 〜逗子市の取り組み〜

本日開催された全員協議会にて、新型コロナウイルス感染症対策として以下の施策を実施していく旨の報告が市長よりありました。

※新型コロナウイルス感染症対策担当の新設
新型コロナウイルス感染症対策に関する一般的な相談、市民・事業者への給付金制度、市税の徴収猶予、特別定額給付金の支給などに関する相談窓口の一本化を図る。
5月1日より市庁舎1階ロビーに窓口を開設。

※(仮称)新型コロナウイルス感染症緊急対策基金の創設
地域経済対策、感染症予防対策等の緊急対策に充てる4億円規模の特定目的基金をつくる。

※(仮称)逗子市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金
神奈川県の緊急事態措置の協力要請に応じて休業又は営業時間の短縮をした事業者に、協力金(20万円)を上乗せして交付する。
5月下旬より受付開始予定。

※(仮称)逗子市中小企業者等事業継続応援給付金
売上等が減少した中小企業者及び個人事業者(デザイナーやインストラクターなどを含む)に対し、事業継続を支援するための応援給付金(10万円)を交付する。
5月下旬より受付開始予定。

※特別定額給付金(仮称)給付事業
1人につき10万円の支給。
5月下旬に申請書発送予定。

※子育て世帯への臨時特別給付金
児童手当支給者に対し、対象児童1人につき1万円の支給。

※住居確保給付金(生活困窮者自立支援)
離職又は廃業に至ってはいないものの、住居を失う恐れが生じている者に給付。

※学校運営事業
臨時休業中の小学校・中学校の児童・生徒に学習課題等を郵送。

この他にもひとり親家庭への生活支援のための給付金を検討しているとのことでした。
また、現在休業している市立小・中学校の休業期間を5月8日まで延長し、その後については国及び神奈川県の動向を見ながら改めて判断するとの報告もあったところです。
posted by 高野たけし at 13:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする