2020年04月24日

崖崩れに巻き込まれる事故が発生

市民の方が崖崩れに巻き込まれ犠牲になるという不幸な事故が再び起きてしまいました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、ご親族の方々にお悔やみ申し上げます。

7F7F1F6C-160C-4E8A-873B-CD3865B7CE69.jpeg
※写真の真ん中あたりのV字にえぐれている手前の一部が崩落

本日昼頃、警察より捜索願が出されている方が巻き込まれている可能性があるとの通報を受け消防が土砂を撤去したところ、土砂の下から心肺停止となった男性が発見されたとのこと。
21日に現場付近で崖崩れ跡(発生日時は不明)を近所の方が発見していることから、これに巻き込まれたものと考えられます。
当該地は小坪マリーナ脇から海側へ降りたところで、干潮時には磯が広がる場所となっています。
崩れた土砂は12リューべと小規模ではありましたが、現在はそこに向かう通路の入り口から立入禁止となっています。
崖地は民有地ですが、漁業区域となっている場所でもあることから、今後の対応策については漁業組合とも相談しながら決めていくことになるそうです。

この他にも市内の危険な急傾斜地がいくつも把握されているので、二度とこのような悲しい事故が起こらないよう早急に対策を進める必要があります。
posted by 高野たけし at 18:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする