2019年10月28日

通学路の安全対策

地域の方より「久木トンネル(久木側)の上部に先日の台風で倒木した木々が縛った状態で置かれており危険を感じる。また、久木トンネル(山の根側)に近接する崖地(岩盤質)の一部が崩れて防護ネットに辛うじて支えられている現状にあり道路側への影響も心配される。」とのご意見を頂き現地を確認。

市の担当所管に現地の改善を要望したところ、久木トンネル上部(久木側)の倒木に関しては年内に撤去を完了できるよう事務手続きを進めているとのことでした。

6A3DE2B5-81CF-466D-83A1-D24040240D2F.jpeg

また、山の根1丁目に位置する崖地に関しては市の方もすぐに現地を確認してくれ、土地所有者に対し改善を申し入れる旨の回答があったところです。

D47AE0A4-E701-4936-862C-44A1FA4F61EA.jpeg

生活道路として地域住民の通行も多く、さらに久木小学校、久木中学校、聖和学院の通学路にもなっていることから一日も早い対応を望むものです。
posted by 高野たけし at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする