2019年10月04日

元気高齢者のまち逗子

ズシップ連合会主催の高齢者の集いへ。

1F8E2DCE-60E0-4A4B-A35C-EC1D5F44D32C.jpeg

会員の賀寿のお祝い対象者は149名。
喜寿の方が96名、米寿の方が49名、そして百寿の方が4名と、元気高齢者のまち逗子を象徴する多さでした。

中でも今月100歳を迎えられるという竹市さんは家事もご自身でこなす他、毎日の散歩は欠かさないというスーパーおじいちゃん。
ご挨拶では市内最高齢を目指すとも。
会場で行われた市の職員の講演では、適度な運動を定期的に行うとともに、体を動かすためのエネルギー補充(適正な食事)が健康寿命の延伸には欠かせないとの話がありましたが、まさにその通りだと竹市さんの元気ぶりを見て実感させられました。

高齢者センターを運営するズシップ連合会も地域サロンの開設など、より多くの方が集える仕組みを作っていきたいとのことで、本市が進める「元気な高齢者を増やそうプロジェクト」が多方面から進んでいくことを期待しているところです。
posted by 高野たけし at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする