2019年08月06日

三浦半島関係議会議長会

三浦半島4市1町(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)の議長会が葉山町にて開催されました。
意見交換を目的に毎年開かれていますが、今年は観光、空き家対策、自治体間広域連携など、人口減少社会に入り各自治体が抱える共通の課題をテーマに情報交換をさせて頂きました。

そして会議終了後は、葉山しおさい博物館を見学。

E2E545AF-9549-48E4-BC3F-5308746C6B09.jpeg

倉持学芸員のアテンドで葉山町から出土した土器や丸木舟、生息していた植物や軟体動物から紐解く歴史、さらには相模湾に生息する海洋生物などを学ばせていただいたところです。
中でも、特に興味深かったのがウミウシの話。
ウミウシは種別ごとに異なる抗生物質を体内に持っており、この三浦半島沿岸域には100種類くらいのウミウシが生息しているため、今後の研究次第では様々な新薬の開発にもこの地域の生態系が寄与するのではとのことでした。

一日を通して非常に有意義な場をセッティングしてくださった葉山町の伊東議長をはじめ、事務局職員の皆様のご尽力に感謝するところです。
posted by 高野たけし at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする