2019年03月02日

スポーツ人の集い

第45回逗子市スポーツ人の集いが逗子アリーナにて開催されました。

永きにわたり地域でスポーツの発展に寄与された3名に体育功労者表彰が、また様々な種目で素晴らしい成績を収めたアスリート24名、7団体に各種表彰が行われました。
特に今回はジュニア世代の活躍が目立っており、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでの活躍が期待されるところです。

そして表彰式に続き、医療法人みなとみらい理事長の田中先生から「人生が変わる睡眠の方法〜眠りと運動の効果」をテーマとした講演会が行われました。

C53A7AB2-7099-4E57-B49A-7106928B71D0.jpeg

田中先生が集められたデータによると、睡眠と寿命は関連しており、睡眠時間は短くても長くても人体にとって良くないそうで、7時間30分が一番バランスが良いとのこと。
これは、浅い眠りと深い眠りが約1時間30分のスパンでくるものを5サイクル繰り返すことで、脳やホルモンのバランスが整えられるからだそうです。
今日の講演を聴いて睡眠と食事、そして適度な運動を行うことが心と体の健康を維持する源である事を改めて実感したところです。

私自身も50歳に近づき体力の衰えを感じていますが、バランスのとれた生活を心がけていきたいと思います。
posted by 高野たけし at 20:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする