2019年02月12日

ピクトグラムによる安全対策

歩行者と自転車の接触を防止する観点から市道逗子55号(新逗子駅前)、市道逗子33号(図書館・文化プラザ前)の側道に、自転車の通行帯を促すピクトグラムを掲示しています。

B355D15C-F4D2-4D97-807A-D5D8D509A5D2.jpeg

こうした掲示を歩行者の多い他の道路でも行ってほしいとの要望が市民の方よりあり、市の担当所管に相談したところ、今後安全面を考慮した上で市道の掲示区域を広げていきたいとの事でした。
また、通行量の多い池田通りや銀座通り、新逗子通りなどの県道に関しても、県と連携し進めていければとの話です。

引き続き、歩行者、自転車、バイクや車などのドライバーそれぞれの目線から安全性の高いインフラ整備を行っていければと考えています。
posted by 高野たけし at 11:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする