2018年10月18日

神奈川県市議会議長会 in逗子

第201回神奈川県市議会議長会をリビエラ逗子マリーナで開催。

今回の基調講演は宇宙飛行士の山崎直子さんが、「宇宙から見た地球」をテーマに行ってくださいました。

A667DB41-275F-496B-B06A-8E72CBA88F36.jpeg

ご自身の経験を基に、現在の宇宙技術の進歩についてお話を伺いました。
水や空気、電気など宇宙空間での自足自給技術が確立してきた今、今後はアバター技術の進化に注目が集まっているそうです。
また、衛生サービスにおいても多様な利用がなされてきたことで、宇宙産業は全世界で年間7〜14%伸び続けているとのこと。
先進各国が新しいことを成し遂げるために協力している様子は、地方自治体が自治体間連携により住民サービスの拡充を目指している様とリンクしている様に感じました。

そして、その後開かれた定例会では、平成30年度神奈川県市議会議長会歳入歳出決算見込み、平成31年度神奈川県市議会議長会歳入歳出予算案などの審議を行ったところです。
今回は開催市ということで議長として進行を任されましたが、皆様のご協力もあって無事全日程を終了することができホッとしています。

212DCFD9-28F5-4599-AE36-4AABF62808DF.jpeg

今回の議長会も県内19市の正副議長が一堂に会する場とあって、それぞれの自治体、議会における意見交換も活発に行われ、非常に有意義な時間となりました。
こうした機会を無駄にしないよう、市政運営、そして議会運営にしっかりと反映していきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 20:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする