2018年09月06日

前年比123.6%の来場者数に

今年の逗子海岸海水浴場も9月2日で終了となり、本日その概況が発表されました。

F2532CB2-15C2-4F94-B8F1-528DEFB6660F.jpeg

66日間の開設期間中の来場者数は364,000人(昨年比123.6%)で、海水浴場に関する条例を制定した平成26年以降最高の人出に。
これは、天候にも恵まれた事が一番の要因であると考えます。
また、2年ぶりに開設されたウォーターパークも好調で、54日間で23,000人(一昨年比153.3%)を集めたそうです。
非常に嬉しい結果となった今年の逗子海岸海水浴場でしたが、好調な結果と比例し条例等による注意件数も増加してしまったことは非常に残念に思っています。
注意案件で多かったのが、砂浜での飲酒と刺青・タトゥーの露出で、特に外国人の方が目に付いたとのこと。
文化の違いもあるでしょうが、外国人の方々にもルールを理解して頂く方策が来年以降求められると感じたところです。
さらに、海岸への行き帰りに騒いでいる海水浴客に関する苦情も複数あったとのことで、パトロール体制を強化するなど、こちらも対策がら必要であると思っています。

いずれにしましても、逗子のシンボルの一つである海水浴場が多くの人たちに愛される場所であるよう、引き続き関係機関と協力して活動していきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 13:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする