2018年07月21日

津波避難訓練

午前10時に震度7の地震が発生、10時3分に大津波警報が発令されたとの想定で、逗子海岸での津波避難訓練が行われました。

連日の猛暑とあって今日も朝から多くの方が海水浴に訪れていましたが、視覚で確認するオレンジフラッグや聴覚で確認する避難放送だけでなく、ライフセーバーが遊泳客等に直接声かけをする事でスムーズな避難誘導が行えていたと思います。

6ED3CE3C-1E88-41EB-B6F9-1F01360BF0F3.jpeg

週末などは2万人を超える人で賑わうこともある逗子海岸海水浴場だからこそ、こうした日頃の訓練の重要性を実感したところです。
posted by 高野たけし at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする