2018年06月18日

歩行者の安全対策を要望

委員会予備日で議会が休会のため、久木地域、山の根地域で高野新聞のポスティング。
途中市民の方と様々な意見交換もできる貴重な時間です。

今日も久木にお住いの方より、「JR逗子駅の東側に位置する金沢新道踏切(駅側の歩道)を逗子側から山の根側に渡った場所は左折車との距離が近いため、歩行者の安全確保の観点からポール等を設置できないか」とのご提案をいただきました。

指摘のあった金沢新道踏切の路側帯
16E499C1-715A-4064-9114-DD7DC22B52C4.jpeg

普段自分自身も通る機会はありますが改めて現地を見ていると、特に踏切が一定時間閉まっていた後などは歩行者や自転車の通行も多いため接触の危険は高まると感じました。

そこで、JR逗子駅の西側にある池田踏切に設置されているような安全ポールを設置するなど歩行者等の安全対策を行っていただくよう、市の担当所管に要望したところです。

安全ポールの設置されている池田踏切の路側帯
F08C00E5-50A0-452F-BF91-1F541EE44662.jpeg

通行量も多い場所であることからも、早期の改善が図られるよう引き続き対応していきたいと思います。
posted by 高野たけし at 14:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする