2017年10月25日

委員会視察B 〜半田市・風水害対策とマイレポはんだの活用〜

午後からは風水害等の防災対策を視察させて頂くため、知多半島の付け根に位置する半田市へ。

50D6878B-FF5B-441C-91FE-50DFFEA0A70F.jpeg

半田市は昭和19年の昭和東南海地震、昭和34年の伊勢湾台風など、過去に大災害に見舞われた経験を元に、風水害への減災対策に力を入れています。

内水氾濫を防ぐため市内9カ所に排水ポンプ場を整備したり、避難所の充実を図るなどハード面での対策を進める一方、地域で活躍してくれる防災リーダーの発掘や小学生の防災隊を組織するなど、人材育成にも取り組んでいます。

また、企業連携にも注力しており、保育園の近隣の会社とは災害時に園児の避難補助をお願いしたり、海からの支援物資の陸揚げと輸送を耐震岸壁地を保有している企業と提携するなど、積極的に民間事業者への支援の輪を広げています。

さらに、『はんだ地震防災憲章』を今年の3月11日に制定し、災害に対する日頃からの備えと地域住民の連携の大切さを全市民に訴えています。

そして今年度からは、スマートフォンの無料アプリ(FixMyStreetJapan)を利用して、道路の陥没や施設の破損など、身近な問題を手軽に解決することを目的とした『マイレポはんだ』を、災害時情報(冠水状況、がけ崩れ、通行不能箇所など)も写真と動画で投稿できるように活用の場を拡大したとのこと。
これにより市民から幅広く情報が得られ、市内の災害状況を正確に把握できるようになっただけでなく、投稿内容がインターネットで公開されるため多くの市民が情報を共有できるようになったそうです。

F5CF205D-6D9D-424A-88B5-8D2192673F9D.jpeg

半田市と同様海に面した地形の本市にとって非常に有益な取り組みを学ぶことができたので、これをしっかりと本市の防災対策にも活かしていきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 18:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする