2017年09月15日

決算特別委員会

本日は決算特別委員会の最終日。
市長及び理事者に対する総括質問が行われました。

IMG_2160.JPG

平成28年度の決算審査意見書を見ると、標準財政規模に対する実質収支額の比率が3.9%であり、一見適切な収支の均衡が図られているようにも感じますが、事業の執行にあたっては前年度からの繰越金、財政調整基金の取り崩しに頼っていたことから、実質単年度収支額は赤字となっています。
また、財政の硬直化を表す経常収支比率が100%を超えていることからも、来年度以降は事業の見直しを図り、今まで以上に効率的な財政運営を行っていく必要があることがわかります。
そのため、各委員からは平成28年度の事業執行について質すとともに、平成28年度の事業成果を今後どのように活かしていくべきかといった発言が多く見られました。

そして、質疑の後に行われた採決の結果は以下の通りとなりました。
なお、私は委員長のため委員会での採決には参加せず、本会議でその判断を出すことになっています。

議案第41号 平成28年度逗子市一般会計 歳入歳出決算の認定について
採決の結果、賛成多数(賛成6人:反対3人)で認定となりました。

議案第42号 平成28年度逗子市国民健康保険事業特別会計 歳入歳出決算の認定について
採決の結果、全会一致で認定となりました。

議案第43号 平成28年度逗子市後期高齢者医療事業特別会計 歳入歳出決算の認定について
採決の結果、全会一致で認定となりました。

議案第44号 平成28年度逗子市介護保険事業特別会計 歳入歳出決算の認定について
採決の結果、全会一致で認定となりました。

議案第45号 平成28年度逗子市下水道事業特別会計 歳入歳出決算の認定について
採決の結果、賛成多数(賛成7人:反対2人)で認定となりました。
posted by 高野たけし at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする