2017年03月20日

祈年祭

春の訪れを感じさせる暖かい陽気の中、地元久木神社で祈年祭が執り行われました。

IMG_1471.JPG

祈年祭は神社で最も重要なまつりの一つで「としごいのまつり」とも言われているとのこと。
「とし」は稲の稔りの意味で、春の初めに当たるこの時期、その年の五穀豊穣、産業の発展、国家・国民の繁栄を祈る祭典で、11月の新嘗祭とは対になる形で古くから重要な祭祀とされてきたそうです。

本市にとって今年一年が素晴らしい年になることを祈念いたします。
posted by 高野たけし at 12:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする