2022年02月06日

陶器の破片は何処から流れ着くのか?

冬晴れの下、逗子海岸ビーチクリーン。

B2A4840A-7FDC-431E-AA0C-CB87A1F61616.jpeg

今日もそれほど目立ったごみはなく、参加してくださった皆さん、腰を折って顔を下に向けて宝探しの様相。
光の反射でガラス片を、色でプラスチックごみを探しての回収でした。
いつも不思議に思うのは、漂着ごみの量が減っても陶器類の破片がある一定量流れ着いていること。
これは逗子海岸だけなのでしょうか。
posted by 高野たけし at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月05日

次世代へのバトンをどう繋いでいくか

毎月恒例の久木小学校区住民協役員会。

D36A0304-BE28-4AB6-A67A-0E7B9EE0DA61.jpeg

この間の活動報告に加え、総会に向けて次年度の活動計画案や予算案を詰めたりと議題は多岐に渡りましたが、次世代の人達にいかにバトンを渡していくかといったテーマが今日のハイライトとなりました。
住民自治協議会に限らず、自治会や町内会も運営の主体は60代から80代となっており、若い世代の役員のなり手はほぼなしとのこと。
もちろん仕事に出ている時間が長く、子育てや家庭の用事なども多い時なので難しいことは理解していても、皆さん世代を超えて地域づくりに取り組めたらとの思いは強いようです。
久木小学校区の住民を12歳毎に分けた分布で見ると、49〜60歳が一番多く、次いで37〜48歳となっています。
こうした世代の人達もそれぞれのコミュニティで地域活動などを行っているので、まずは連携から始められたらとの意見も。

市民参加のまちづくりが本市の特色の一つでもありますので、引き続き各地域での活動に期待しているところです。
posted by 高野たけし at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月02日

横断歩道の改善を要望

市民の方より、京急逗子・葉山駅南口前の横断歩道の白線がだいぶ消えているとの連絡を受け現地を確認。

FAE2EF95-698F-4AD3-BB07-6440F2F045E4.jpeg

当該道路は車両の通行量も非常に多いため、かなり消えかかっている状態に。
安全性を鑑み、市の担当所管を通じて警察に改善を要望したところです。

この横断歩道は地域住民だけでなく京急とJRへの乗り換えの歩行者も多いため、早期の改善が図られるよう引き続き対応していきたいと思います。
posted by 高野たけし at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする