2021年04月29日

崖崩れ対策工事が完了

市内で頻発している崖崩れを受け実施された危険箇所調査において、市道沿いにおける対策工事必要崖地が20ヶ所(市有地7ヶ所、民有地13ヶ所)にのぼる事が明らかになりした。
その内の一つになっていた池子2丁目地内の対策工事が完了したとの連絡を受け、本日土地所有者4世帯の皆様と現地を確認させて頂きました。
09E99A5D-E00E-48DE-B2CD-49D4CF41A599.jpeg

工事前は鬱蒼と生い茂る草木に隠れ地盤面の状況は視認できませんが、近隣で発生した崖崩れを考えると地盤の緩みはあったものと考えられます。
114E19B9-B0A1-4643-A0A2-1ADBB1B01FD4.jpeg

当該地は民有地のため、市からの補助金は出るものの各世帯の負担額は大きかったと思います。
しかしながら、隣接する市道306号線を通行する人達の安全を考え早急に対応頂いた事に感謝する次第です。

危険とされている民有地の崖崩れ対策がさらに進むよう、市としてもサポート体制を強化していくべきと考えています。
posted by 高野たけし at 11:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月24日

市民力によるまちづくり

午前中は小坪小学校区住民自治協議会の総会へ。

24CC4DE8-9522-419F-928E-D9A0FE8A06AD.jpeg

そして、午後からは久木小学校区住民自治協議会の総会。

FD4DFC74-87AC-47D7-A461-53CD663591B6.jpeg

小坪小学校区は発足から7年目、久木小学校区は5年目を迎えました。
この総会をもって退任された三原会長(小坪小学校区)、田倉会長(久木小学校区)ともに発足時より先頭に立って地域の発展と課題解決に尽力されてきたことで、それぞれの住民自治協議会の活動が軌道に乗ってきた事は言うまでもなく、その功績に敬意を表する次第です。
この1年はコロナ禍にあって思い通りの活動ができず苦労も多かったと思いますが、状況に応じた取り組みにシフトし、地域活動を進めてこられた会員の皆様にも感謝するところです。

人口減少社会に突入し、本市の人口も現在の約57,000人から10年後には51,000人に、20年後には47,000人に減少するとの推計値が出されている事を鑑みれば、地域で活躍してくださる市民力はまちづくりにおいて益々欠かせない存在になってくると思っています。
市内4小学校区に設置されている住民自治協議会の引き続きの活躍に期待しています。
posted by 高野たけし at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

崖崩れから一年

小坪地区での崖崩れから一年。
事故現場にて、崖崩れに巻き込まれ命を落とされた方のご家族、ご友人の方々と故人のご冥福をお祈りしました。

513DE560-28DE-4775-B76C-FBEA99A6CAB8.jpeg

事故後、故人のご家族とお話をさせて頂き、今後の安全対策に関するご要望、ご提言などを伺い、市内の崖地調査や対策工事を進めてきたところです。
しかしながら、ここまでやれば終わりということはなく、三方を山に囲まれ街中にも多くの傾斜地がある本市の地形を考えれば、継続的な対策が必要な事は言うまでもありません。

池子地区、小坪地区で起こった崖崩れによって二人の尊い命が失われた事を忘れる事なく、二度と同様の事故が起こることがないよう引き続き安全対策に努めていきたいと思います。
posted by 高野たけし at 18:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

市政記念日

本日4月15日は逗子市市制記念日。
昭和25年7月1日に横須賀市から分離独立し逗子町となり、昭和29年に県下で9番目の市として逗子市が誕生してから67年になります。
逗子文化プラザさざなみホールにて執り行われた式典では、地域福祉の向上に貢献されている3名、1団体に地域社会功労表彰を授与。

19137467-1F0B-4EE0-ADA2-59792416D151.jpeg

市政の発展を支えてきたのは市民力であり、これからのまちづくりにおいてもこの市民力は欠かすことができないものであると思っています。
私ども市議会も地域で活躍する皆様と協力しながら、引き続き魅力あるまちづくりに向けて尽力していきたいと考えています。
posted by 高野たけし at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

4月12日から予約券の配布開始

本市では5月10日から新型コロナワクチンの接種が開始予定となっていますが、接種券については4月12日からワクチン供給量に応じて年齢の高い人から順次配布することに決まりました。
予約方法は電話、インターネット、LINEで行えるそうです(接種券の封書に予約に関する説明書を同封)。
そして、現時点での接種会場は市民交流センターのみになるとのこと。

A0B9FF3F-271A-40D6-9D31-448423EEA88A.jpeg
[ワクチンの接種会場となる市民交流センター]

今回の方針を受け、接種券発送の情報等を介護事業所にアナウンスするなど、接種を希望する高齢者が混乱しない対応を市の担当所管に求めました。
また、先日市民の方より個人情報問題で報道のあったLINEでの予約に関して心配する声が届いていたことから、個人情報の漏洩・流出などが起こらないよう管理の徹底についても合わせて言及したところです。

未だ収束の目処が立たない新型コロナに対して、ワクチンが収束に向かう希望となることを期待しています。
posted by 高野たけし at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする