2020年09月05日

レッドゾーンの指定公表

月に一度の久木住民協役員会。

70F5B668-B207-4D6B-BE2D-E10C3DFC13A9.jpeg

本日の会議では横須賀県土木の職員の方から調査が完了したレッドゾーン(土砂災害特別警戒区域)の結果公表を10月末(久木小学校区エリア)に行うとの報告がありました。
平成11年6月に広島県内で発生した土砂災害を受け、ハード面の対策と並行して危険性のある区域を明らかにした上で避難体制の整備や開発行為の制限等を加えることで人命を守るソフト対策の充実を目的に、平成13年4月に土砂災害防止法が施行されました。
この法律に基づき、本市ではすでに土石流警戒区域が45ヶ所(内特別警戒区域が20ヶ所)指定されており、今回の調査では土砂災害警戒区域(イエローゾーン)に指定されている119ヶ所のうち土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定する場所を定めるものとなっています。
公表された後、市のハザードマップの更新が予定されていますが、市民の皆さまに一日でも早く情報をお伝えできるよう行政当局に働きかけていきたいと思います。
また、住民自治協議会の活動を通じて地域の防災対策にも反映していければと考えています。
posted by 高野たけし at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

教育民生常任委員会

本日開催した教育民生常任委員会では、議案1件、陳情2件の審査を行いました。

A218A5BC-0EB9-4639-864C-AC883A945208.jpeg

議案及び陳情の採決結果は以下の通りです。
なお、私は委員長の職にあることから採決には参加できないため、結果のみをご報告させていただきます。

・議案第56号 令和2年度逗子市一般会計補正予算(第7号)中付託部分
インフルエンザ予防接種の一部助成(生後6ヶ月〜12歳は1,500円×2回、13歳以上は1,500円×1回)、PCR検査を自由診療で受けた方への一部助成(年度内1人2回まで1回5,000円)、新型コロナウイルス感染防止のための公立保育園・子育て支援センター和室部分等の修繕費用、公立小中学校の普通教室にプロジェクターを設置する費用、公立小中学校の教職員出退勤管理システム導入費用、各公共施設に新型コロナ感染拡大防止用備品・消耗品を購入する費用など。
採決の結果、全会一致で可決。

・陳情第12号 令和3年度における「重度障害者医療費助成制度の継続」についての陳情
透析者・障害者が負担なく医療を受けられるよう「重度障害者医療費助成制度」の継続を求めるもの。
採決の結果、全会一致で了承。

・陳情第13号 令和3年度における透析治療への通院困難者に対する「通院支援」の継続についての陳情
透析治療への通院困難者対策として「通院支援」の継続を求めるもの。
採決の結果、全会一致で了承。
posted by 高野たけし at 16:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

令和2年第3回定例会

令和2年第3回定例会が開会いたしました。

24C7A568-0A38-454F-B462-27222DE71494.jpeg

本日の本会議では、市が筆頭株主となっているパブリックサービスの経営状況、令和元年度決算に基づく健全化判断比率などの報告を受けたのち、コロナ対策に要した経費、崖地崩落に伴う対策費など、急を要するため専決処分された補正予算3議案に対して議決したところです。
また、みどり基金条例、市税条例、手数料条例それぞれの一部改正案、約7億6千万円の補正予算案などについて各委員会への付託を決定いたしました。

今年度が始まってまだ5ヶ月しか経過していないにもかかわらず今定例会に提出された一般会計の補正予算案はすでに第7号(7回目)になります。
これは新型コロナウイルスの感染拡大に伴う衛生費や施設整備費、個人・事業者に対する助成事業等に加え、昨年度から頻発している崖地崩落における整備費や危険性の高い崖地の安全対策費なども大きく影響しています。

市民が安心して生活できるインフラを整える事は市の責務であり必要な予算措置であると考えますが、その一方で限りある財源をいかに活用していくかも改めて問われていると思っています。
posted by 高野たけし at 14:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする