2017年12月28日

企業主導型保育園『YBS逗子』を訪問

逗子市内で初めてとなる企業主導型保育園『YBS逗子』を見学させていただきました。

7E9FBA8B-5E30-4EB2-A9D5-D731872B5857.jpeg

企業主導型保育は、企業のニーズに応じて保育所の柔軟な設置・運営を助成する制度で、内閣府が平成28年度から始めたものです。
すでに多くの地域でその設置が進んでいるとのことで、仕事と子育ての両立をサポートする新しい取り組みとして注目を集めています。

本日訪問した『YBS逗子』は定員30名の内、半数の15名を契約企業の枠に、残りの15名を地域枠にしているそうですが、旧OKスーパーの2階と駅から近いこともあり、すでに定員を超え待機者も出ているとのことでした。
そして、この保育園は日本人とアメリカ人の子どもを一緒に預かるバイリンガル保育で、子どもたちが日常会話の中で母国語以外を覚えていく環境を作るだけでなく、読み聞かせを日本語と英語の両方で行うなど様々な工夫がなされているのが特徴です。

逗子市の待機児童は10月1日現在44名と増加傾向にあることからも、こうした形で新たに保育園が開園されることに関しては喜ばしく思います。
posted by 高野たけし at 18:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

西駐輪場の水たまり対策

今朝は逗子駅西口の山の根側で高野新聞の配布を行いました。
その際、市民の方から「雨が降ると西駐輪場の精算機の前に水が溜まってしまうので改修してほしい」との声が寄せられましたので、配布活動を終えて現地を確認。

C382C39A-8B4A-4E4D-A60D-D33DE14D4D1D.jpeg

精算機下のコンクリート部分が道路側から駐輪場の方に傾斜しているため、ちょうど精算機の前あたりに雨水が溜まってしまうように見えました。
この件について担当所管に相談したところ、雨が降った時には駐輪場の管理者がスノコを敷いて対応しているが、管理者のいない夜間等の場合は対応できていないとのことでした。
この精算機の前は、自転車やバイクを置いた後と取りに来た際の出入り口にもなっているため、利用者が必ず通る場所であることからも抜本的な改善を図っていただくよう要望したところです。
posted by 高野たけし at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

自然と一体化した傾斜地対策

本日は駅頭活動を終えた後、近藤県議と長島市議と共に、横浜市泉区へ『全天候フォレストベンチ工法』の現地視察に行ってまいりました。

983C4E43-9B95-4279-8106-E988EE8C0067.jpeg

傾斜地対策として用いられている『全天候フォレストベンチ工法』は、斜面に階段状の水平面を設け、そこに間伐材を取り付けた井桁フレームをアンカーで固定し土砂崩れを防ぎます。
そして、棚田のような段々造成で得られた水平面に植栽を施し、年月をかけ周りの緑と一体感が得られる景観に仕上げていくものです。
また、施工箇所の表面をコンクリート等で固めないため、水や空気の出入りを自由にできることも特徴の一つで、豪雨などの水害にも強いそうです。
さらに、垂直面1uあたりの単価が約5万円と安価な上、工期が短いのも特筆すべき点で、今回見学させていただいたのは幅約30m、高さ約5mの斜面地でしたが、工事費用は650万円程度で工期は2ヶ月弱とのことでした。
ただし、段々造成を行う為、ある程度の奥行きが必要なところは場所が限定されてしまうと思います。

AB562659-FD37-420E-8746-DC441A3C4C8C.jpeg

逗子市も三方を山に囲まれ傾斜地の多い地域であることから、景観を保全した新たな工法として検討してみる価値はあるものと感じたところです。
posted by 高野たけし at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

田越川沿い道路の安全対策を神奈川県に要請

主要地方道横須賀逗子線の歩行者の安全対策に関する要望書を持って、近藤県議と長島市議と共に横須賀土木事務所を訪問。

CF95AFCA-8D38-47ED-96C6-72EE0A09F7A0.jpeg

主要地方道横須賀逗子線のうち、田越川沿いに設置されている歩道の拡幅を望む声が私の元にも数多く寄せられています。
当該道路には断続的に3箇所の歩道が整備されていますが、田越橋交差点から逗子海岸方面に向かって伸びる一つ目の歩道幅は約72p(縁石部分を含めると約90p)で、電柱があり狭くなっているところでは約55pとなっています。

A49B76FA-3EDE-461D-80CF-87FBE7688964.jpeg

また、富士見橋から渚橋にかけて設置されている三つ目の歩道幅は約70p(縁石部分を含めると約88p)で、電柱があり狭くなっているところでは約29pと、どちらの歩道も双方向から歩行者が来た際には車道に降りなければならない状態となっています。

9E413AE3-39B7-4F89-84E3-A410E5EF23B5.jpeg

当該道路は逗子海岸と市街地を結ぶ主要路線の一つであり車の通行量も非常に多いため、逗子小学校の通学路の一つとなっている事を考えると早急な改善が必要です。

さらに、当該道路の歩道未整備部分においても見通しが悪く歩行者の危険性が高いことから、合わせて安全対策を施していただくよう改善を要請したところです。

A8003222-1ED1-4A93-8BF8-BFED6C7A75E2.jpeg

道路を管理する横須賀土木事務所からは、安全性を考慮した対策を検討する旨の回答をいただきましたので、早期の改善が図られるよう引き続き対応していきたいと思います。
posted by 高野たけし at 17:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

高野新聞89号の駅頭配布をスタート

第4回定例会も閉会し、定期的に発行している「高野新聞」の駅頭配布をスタートしました。
今朝は東逗子駅へ。

B812A631-F9D9-4684-A8F3-2B763B329F6C.jpeg

予報通りかなり冷え込んだ朝となりましたが、多くの皆様に受け取っていただき感謝です。
また、通学するお子さんとお見送りに来たお母さんから「今朝は特に寒いから手を温めて」と、ホットほうじ茶の差し入れも。
手だけでなく心もしっかり温まりました。

DD2EDE65-9232-4DAB-BC01-F7FAD4398F67.jpeg

明日以降も市内の各駅頭で配布活動を行いますので、見かけましたらお手にとってお読みいただければ幸いです。
posted by 高野たけし at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする