2017年08月06日

第一日曜日

地元の仲間達と波乗りを楽しんだあと、毎月恒例のビーチクリーンに参加。

IMG_2027.JPG

今日もマリンスポーツをしている方々をはじめ、近隣にお住まいの方や海に遊びに来ている市外の方、さらに各大学のミスキャンパスで構成する『キャンパスラボ』のメンバーなど、多くの人達がボランティアで集まってくれました。

海水浴場開設期間のため、海水浴エリア以外のゴミ拾いとなったのですが、いつもより少なく感じました。
海岸利用者のマナーが良くなったことはもちろんですが、日頃からゴミ拾いをしてくださっている地域の方々の力が大きいと思います。

自然環境の変化が著しい昨今、今ある自然を子ども達の世代に残していくためにも、それぞれが今出来ることから始めていく必要があると感じています。
posted by 高野たけし at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

久木小学校区住民自治協議会役員会

本日は久木小学校区住民自治協議会役員会にオブザーバーとして参加させていただきました。

IMG_2025.JPG

会計処理の方法や、会員相互の意見交換会の開催などの事務連絡の後、審議事項に移りましたが、今日のテーマは民生委員児童委員に関して。
欠員も多く出ている本市の民生委員児童委員の現状(定員74名に対して欠員14名)を鑑み、速やかに後任を推薦できる「民生委員児童委員推薦準備会」を地域に作ってはとの提案を受けて、今後この問題の解決に向けて地域がどのように寄与できるのか話し合われました。

民生委員児童委員は、担当地域の見守り、地域住民からの相談、福祉活動への参加など、その活動内容は多岐にわたります。
そのため、なり手がなかなか見つからないこともあることから、今後適任者の養成や負担の軽減を検討するとともに、民生委員児童委員の役割を多くの人に理解していただく広報活動も行っていくべきなどの意見が出されました。
また、各地域で行っているお互いさまサポーターとの連携を模索してみてはとの提案も。
さらに、地域ぐるみで民生委員児童委員をフォローする仕組みが出来上がっている横須賀市などを参考に、本市の制度を再構築してみてはとの意見もありました。

時間の制約もあり、この問題については本日の会議だけで結論は出ませんでしたが、地域が抱える問題を地域住民が主体となって解決に当たる住民自治協議会の本来の姿を感じることができた会議となりました。
posted by 高野たけし at 16:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする