2017年07月30日

例大祭

昨晩降り続いた雨も止み、心地よい風が本殿に吹き抜ける中、久木神社例大祭の本祭が執り行われました。

IMG_2021.JPG

祭は神を祀ることが目的ですが、地域の人達が集い親交を深めることができるのも、祭の良さだと感じています。

夕方からは神楽殿で久野谷太鼓やフラダンスなどの演芸大会、さらには奉納抽選会なども行われますので夕涼みがてら出かけてみてはいかがでしょうか。
posted by 高野たけし at 12:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

道路インフラの整備に向けた要望事項

横須賀市で開催された「三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟」の総会に、総務常任委員長として出席してきました。

IMG_2019.JPG

この会は、横須賀、鎌倉、逗子、三浦、葉山の4市1町の首長、議長をはじめ、三浦半島地区選出の県議会議員、地元商工会議所の代表者などが一堂に会し、三浦半島地域の道路整備に関する課題を共有し、課題解決のための活動をしていくものとなっています。

本日の総会では、平成28年度の事業報告、決算報告の後、平成29年度の事業計画(案)、要望書(案)などが話し合われました。
そこで決定した今年度の国、県、各関係機関への要望事項は以下の通りです。

1、三浦縦貫道路、本町山中有料道路及び逗葉新道の料金体系を見直し、引き下げを実施すること。

2、三浦半島地域から主要高速道路へのアクセス向上のため、高速横浜環状南線及び横浜湘南道路の早期整備を図ること。

3、三浦半島中央道路、三浦縦貫道路U期区間及び都市計画道路西海岸線の早期整備を図ること。

4、国道357号の都市計画決定区間(横浜市八景島−横須賀市夏島町)の早期整備及び南下延伸区間の早期具体化を図ること。

5、横浜横須賀道路の(仮称)横須賀PAスマートインターチェンジ整備を支援すること。

6、海岸線(逗子海岸)の自然景観を復元するため、国道134号の地下化の実現可能性について研究すること。

7、強靭な幹線道路ネットワークと安全・快適に利用できる道路の着実な整備に必要な財源確保と予算枠拡大を図ること。

8、「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律(道路財特法)」の補助率等の特別措置については、平成30年度以降も継続すること。

道路インフラの整備は地域住民の生活の利便性向上だけでなく、災害時のインフラとしても大きな役割を担っています。
また、地域経済の活性化を促進する観点からも非常に重要であることから、引き続き地域のニーズに合わせた整備が進められることを望むものです。
posted by 高野たけし at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

視察対応 〜南あわじ市〜

本日は、兵庫県の南あわじ市から超党派の視察として7名の議員が訪問されました。

IMG_2011.JPG

南あわじ市議会では、この間タブレット端末の導入に向けて議会内部で議論を重ねてきたとの事で、今年10月に予定されている市議会議委員選挙の改選を機に導入につなげられればとの話も。

導入経緯や効果、現在の使用用途などを説明させていただいた後、実際に端末を操作して頂きましたが、スマホだけでなく、個人的にタブレットをお持ちの方もおり、皆さんスムーズに操っていました。
また、質疑においては、導入前と比べて不便に思うところに関する問いが多くありましたので、自身の経験を元にお答えさせていただいたところです。
やはりタブレット端末の導入により、議会、議員活動において利便性が向上したところも多々ありますが、紙ベースで行っていた時の方が優れていた点がある事も否めませんので、導入に際してはその辺りも踏まえた議論をしっかりと行った上で判断されることを望みます。

タブレット端末の視察の受け入れ時には議員が対応に当たっていますが、タブレット端末の話以外にもそれぞれの議会に関する意見交換ができる機会となり、視察を受ける側の私達にとっても有益な時間となっています。
本日もこれまで接点のなかった南あわじ市議会の皆様と様々な話ができた事に感謝です。
posted by 高野たけし at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

ごみの回収作業が完了

逗子湾の葛ヶ浜付近に流れる水路に漂流ごみが溜まっていた事に対する改善を市に要望していましたが、回収作業が完了したとの報告を受け、週末現地を確認してきました。

IMG_1995.JPG

全ての漂流ごみに加え、134号線から磯に降りる階段付近のごみ等も全て回収され、周辺は自然を感じる空間になっていました。
今週末は潮の満ち引きも大きく、家族で磯遊びをする人たちや、写真を撮る人なども多く見受けられたため、気持ち良く楽しめたのではないかと思います。

また、逗子海岸の東浜臨時駐輪スペースの問題で、隣接するトイレ用スロープにも自転車やバイクが停められてしまっている件に対しては、張り紙をして駐輪スペースとトイレ用スロープの区分を利用者に呼びかけることに。

IMG_1994.JPG

先週末と比べトイレ用スロープに駐輪している台数は減っていましたが、まだ数台の駐輪は見られました。
これについては引き続き周知を進めていくとともに、来年度以降は駐輪スペースの設置場所も検証していく必要があろうかと考えるところです。

いずれの件に関しましても、早期の対応を図ってくださった担当所管に感謝です。
posted by 高野たけし at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

津波避難訓練

午前10時に震度7の地震が発生、大津波警報が出されたとの想定で逗子海岸津波避難訓練が行われました。

音声と合わせて、中央監視所など8カ所にオレンジフラッグを掲出し、海浜利用者に警報を伝達。
砂浜に上がった避難者を各海の家まで誘導して安全を確保しました。

IMG_1973.JPG

多い日には2万人を超える海水浴客が訪れる逗子海岸。
日頃からこうした訓練を行い、いざという時にスムーズに避難できる体制を整えておく重要性を改めて実感したところです。
posted by 高野たけし at 11:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする