2017年02月06日

AOI国際病院を視察

逗子市に総合的病院の進出を予定している、医療法人社団葵会が運営するAOI国際病院を視察してきました。
AOI国際病院は川崎市川崎区に位置し、診療科目は30科目、病床数は308床の病院で、救急医療から、一般急性期、回復期、慢性期、緩和ケア期までのシームレスな総合医療を提供しています。

IMG_1382.JPG

本日は宮嶋看護部長の案内で院内を見学させていただきました。

まず気になったのは、院内の廊下で見慣れたストレッチャーや車イスなどが全く見えなかったことです。
これは、患者さんが廊下を移動する際邪魔にならないよう、各所に収納スペースが設けられているからです。

IMG_1371.JPG

そして、各フロアーにあるナースステーションの大きさにも驚きました。

IMG_1369.JPG

かなりゆとりを持って作業ができるよう作られており、室内には緊急用のエレベーターも完備されていました。
また、各フロアーの患者さんに投与する1日分の薬もナースステーション内の薬剤室で管理さています。

IMG_1368.JPG

最新機器が備えられているICUも見させていただいたのですが、本来1ベットあたり4u程度の広さであるのに対して6uと広く、充分な治療スペースが確保されていました。

IMG_1373.JPG

そして、アンギオ室。
CT2台を使って全身の3D撮影を行い血管内治療を施すそうで、医療機器の進歩により格段に治療スピードが上がった一つとのこと。

IMG_1375.JPG

また、リハビリ室には今話題のHALも。
HALは脳卒中や脊髄の損傷で歩行が困難になってしまった方が装着し、筋肉の動きから電気を拾って歩行訓練をサポートするロボットです。

IMG_1379.JPG

今回、逗子市への進出を予定している医療法人が運営する病院を見学させていただいたことで、どのような病院運営がなされているのか知ることができ少し安心したところです。
しかしながら、病床数の確保だけでなく医師の確保という大きなハードルも残っていることから、予定されている規模の病院が開設できるよう引き続きご尽力頂ければと思います。
posted by 高野たけし at 15:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

節分祭

冬晴れの元、地元久木神社では初午祭と節分祭が執り行われました。

IMG_1343.JPG

その後行われた豆まきは、地元の方達、学校帰りの子ども達も参加して、例年同様の大賑わい。

IMG_1358.JPG

本来、邪気を払うために豆を撒くのですが、仙台では牛タンや笹かまを撒いたり、都内のスーパーでは野菜や納豆などを撒いているところもあるそうで、もはや豆まきではありませんが、時流に合わせて形を変え楽しまれているようです。
また、近年節分の定番となっっている恵方巻きですが、さぬき市では酢飯の代わりにうどんを使った恵方巻きが販売されるなど、こちらも地域性を打ち出した商品が人気だとか。
今年の恵方は北北西とのことなので、私も晩ご飯にかぶりつきたいと思います。
posted by 高野たけし at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする