2016年06月24日

海開き

今年も関東地方で一番早い海開きとなった逗子海岸。

時折太陽も除く曇り空の下、海水浴場開設期間の安全を祈願して神事が執り行われました。

image.jpeg

その後、市長の挨拶でセレモニーがスタート。

image.jpeg

昨年から始まった子ども用ライフジャケットの無料貸し出しが好評だった事を受けて、今年はヘリーハンセンブランドを展開するゴールドウィンから子ども用ライフジャケット50着が贈呈されました。
子ども達の安全のため、海水浴場開設期間中は監視所の方で無料で借りることができます。

image.jpeg

今年の海水浴開設期間は8月28日までとなっていますが、期間中に訪れる人達が安全に楽しめる事を願っています。
posted by 高野たけし at 17:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

ラジオ体操

本市では、生涯を通して健康で長寿の実現を目的に、今年3月「健康ずし いきいきプラン21」が策定されましたが、その一環として現在ラジオ体操の普及に取り組んでいます。

これを受け、市議会でも議会開会中の昼休みにみんなでラジオ体操を行うことといたしました。

ラジオ体操.JPG

年に2回(春と秋に実施)、市が開催している「ラジオ体操サポーター養成講座」を受講すると、ラジオ体操スタートセット(のぼり旗、CDコンポ、ラジオ体操CD、スタンプ、スタンプカード)の貸与・配布を受けることができますので、地域や職場でラジオ体操を広める活動がしやすくなります。
もちろん、すでに市内26か所で定期的に実施しているラジオ体操であれば、いつでも手ぶらで参加できます。(実施場所と日時は市のHPで確認できます)

たったの3分で全身600の筋肉のうち約400の筋肉を使用すると言われているラジオ体操。
皆様も始めてみてはいかがでしょうか。
posted by 高野たけし at 13:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

住民自治協議会設立準備会

久木小学校区住民自治協議会設立準備会の総会に出席してきました。

image.jpg

久木小学校区は昨年6月21日に設立準備会を発足させてからこの一年間、役員会を中心に防災力の向上、子どもの健全育成、ごみの減量化・資源化など、地域の取り組みと実情について情報の共有を図ってきたとのこと。
そして、本日の総会ではこの一年間の議論をベースに作成された平成28年度の活動計画案が地域住民に示され、了承されたところです。

また、総会終了後に行われた懇談会では、現在それぞれ活動している各団体の連携強化や世代間交流、地域間交流を望む意見が多く出されていました。
私からは、現在団体などで活動していない住民にも情報の共有が図られるとともに、参画しやすい住民自治協議会にしてほしい旨要望させていただきました。

来年4月に設立を予定している久木小学校区ですが、すでに本格活動をスタートしている沼間、小坪、池子の各小学校区を参考に、地域に密着した住民自治協議会になるよう準備を進めていただければと思っています。
posted by 高野たけし at 16:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

ガラスの破片に注意

今朝、近所に住む子育て中のお母さんから、「久木4丁目の公園(子ども遊び広場)にガラスの破片が複数落ちていて、遊びに来ていた小さい子どもが口の中に入れてしまうこともあり危なかった。」との、話を聞きました。
幸い、ガラス片を口に入れてしまった子どもにケガは無かったとのことでしたが、特に小さいお子さんと遊びにくるお母さんは心配でならないと思います。

登庁前にその公園に行き、現地を見てまいりました。
朝だったため公園で遊ぶ子どもはいませんでしたが、日中この近くを通ると小さいこども達が遊んでいる姿をよく見かけます。

IMG_0495.JPG

公園内を見て回ると、多くのガラス片が落ちていてビックリ。
中央付近は遊びに来ているお母さん達が拾ってくれたのでしょうかほとんど落ちていませんでしたが、外周に沿った場所で多くのガラス片を回収しました。

IMG_0498.JPG

登庁後、公園を管理する緑政課に話をしたところ、市内の公園においては2ヶ月に1度の頻度でパブリックサービスに清掃を委託している現状にあるとのことだったので、今後はガラス片等の危険物にも目を配った清掃をしていただくよう要請いたしました。
緑政課からは、清掃時の危険物のチェックに加え、定期清掃以外においても当該公園においては当面見回り等を行い安全管理に努める旨の回答がありました。

この地域には公園も少なく、多くの子ども達が集まる場所となっていますので、楽しく安全に遊べる公園として維持されていくことを望んでいます。
posted by 高野たけし at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

教育民生常任委員会

本日開催した教育民生常任委員会では、議案2件、陳情6件の審査を行いました。
議案及び陳情の採決結果は以下の通りです。
なお、私は委員長の職にあることから採決には参加できないため、結果のみをご報告いたします。

議案第41号 平成28年度逗子市一般会計補正予算(第1号)中付託部分
保育所等の待機児童解消に向けて小規模保育施設1ヶ所の誘致にかかる補助金1,920万円、小規模保育施設を新規開設することに伴う当該施設利用分の保育給付費1,029万5千円、児童扶養手当法の改正により第2子、第3子以降への児童扶養手当増額にかかる費用305万6千円、三浦半島サミットにおける「未病を治す半島宣言」の具体的な推進を図るため未病センター及び健康遊具の整備費589万8千円などを増額するもの。
採決の結果、全会一致で可決となりました。

また採決に続いて、「健康増進計画推進事業」に対し、未病センターがより有効に機能するよう人的配置を求めるとともに、未病センターに設置される健康測定機器、第一運動公園に整備される健康遊具の選定にあたっては明確な目的や効果について検証することを求める付帯決議が提出されましたが、こちらも全会一致で可決となりました。

議案第42号 平成28年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算
国保事業の都道府県単位化に向け、県が行う国保事業費納付金等の算定に必要なデータを提供するためシステムの改修を行う135万円を増額するもの。
採決の結果全会一致で可決となりました。

陳情第2号 人間ドックの費用補助に関する陳情
人間ドックにかかる費用の補助制度の制定を求めるもの。
採決の結果、賛成少数(賛成2人:反対6人)で不了承となりました。

陳情第11号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度の国負担2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に関する陳情
子どもたちの教育環境改善のために計画的な教職員の定数改善を推進することと、教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため義務教育費国庫負担制度を堅持し、国負担割合を2分の1に復元することを求めるもの。
採決の結果、賛成多数(賛成5人:反対3人)で了承となりました。

陳情第14号 学童保育の待機児童解消に関する陳情
学童保育への待機児童が発生しているため、入所を希望する全ての児童が学童に通える環境を整備することを求めるもの。
採決に先立ち継続審査を求める動議が提出され、賛成多数(賛成5人:反対3人)で引き続き審査を行うこととなりました。

平成27年陳情第15号 平成28年度における「重度障害者医療費助成制度継続」についての陳情 【継続審査案件】
重度障害者医療費補助制度について、障害児者が負担なく医療が受けられるよう、平成28年度予算を策定することを求めるもの。
採決の結果、賛成少数(賛成1人:反対7人)で不了承となりました。

平成27年陳情第16号 平成28年度における「慢性腎臓病(CKD)及び生活習慣病対策」についての陳情 【継続審査案件】
慢性腎臓病(CKD)の予防や重症化を防ぐため、より一層の啓発活動を広域に展開する予算を平成28年度予算に盛り込むことを求めるもの。
採決の結果、賛成少数(賛成1人:反対7人)で不了承となりました。

平成27年陳情第25号 介護従事者の勤務環境改善及び処遇改善の実現を求める陳情 【継続審査案件】
介護現場で働く全ての労働者の処遇改善と、介護保険施設の人員配置の見直しを図り、これらに係る費用を国費で賄うことを求めるもの。
採決に先立ち継続審査を求める動議が提出され、賛成多数(賛成7人:反対1人)で引き続き審査を行うこととなりました。
posted by 高野たけし at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする