2017年11月23日

新嘗祭

昨日から降り続いた雨も上がり晴れ間が覗く中、毎年恒例の久木神社新嘗祭が行われました。

7253DA10-C93F-41D6-AC06-538647BDA433.jpeg

新嘗祭は稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀ですが、古くは陰暦11月の下の卯の日に行われていたそうですが、明治6年以降は 11月 23日に行われるようになったとのことです。

改めて日々食事ができていることに感謝です。
posted by 高野たけし at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

Classic Japan Rally 2017 R134

クラシック・ジャパン・ラリー R134実行委員会・準備会に出席。

258D4F10-CF2D-4D28-B791-38ED2A1146CD.jpeg

このイベントは横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町の三浦半島4市1町の広域連携による観光振興促進と、「古いものを大切にする」という日本人の価値観、そして伝統的な匠の技術への尊敬心を後世に引き継いでいくことを目的に、12月2日の土曜日に開催予定となっています。

1920年代から1970年代のクラシックカー55台が横須賀三笠公園をスタートし、国道134号線の海岸エリアを中心に約100qの道のりを走ります。

F6C8EAB9-CD79-4F53-8066-AC02F50A69D0.jpeg

スピード競技ではなく、事前に指示されたルートマップ上のチェックポイントを通過する事が義務付けられているとのこと。
また、先にスタートした車両、さらには一般車両の追い越しも禁止とする等、一般車両に迷惑がかからないよう厳しいレギレーションにしているそうです。

また、途中訪れる横須賀下町浄化センターとソレイユの丘では、公道外の指定敷地内でPC競技が行われます。
こちらは決められた距離を指定された時間により近いタイムで走行できるかを競うもので、平均時速は20q程度と非常にゆっくりではありますが、1/1000秒を争うシビアな競技だそうです。

天候に恵まれ、時代を彩る名車が颯爽と走る姿を楽しみにしているところです。
posted by 高野たけし at 12:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

逗葉医師会との意見交換会

定期的に開催されている逗葉医師会との意見交換会に出席してきました。
逗葉医師会からは8名、議会からは11名が参加。

B7AD723E-9E8E-412B-AA43-A62F5553BB8B.jpeg

現在進められている地域包括ケアに向けて、医師会は昨年逗子市保健センター内に『在宅医療相談窓口』を開設し、かかりつけ医や訪問診療医の紹介を行っていますが、今後は看取り体制(逗葉地域の現在の看取り割合は約10%)の構築にも力を入れていきたとのことでした。
また、各自治体間で制度の拡充競争が進んでいるとみられる小児医療費の助成制度に関しては、どの程度の精度が適正化見極めた上で、産後2週間検診や産後入院の補助など、産後ケアにも力を入れていくべきではとの意見も。
そして、計画が進行している総合的病院の誘致に関して、第7次医療計画で横須賀・三浦医療圏の基準病床数は5,178床(一般病床数3,411床、療養病床数1,767床)とされているが、既存の病床数が5,357床(一般病床数4,244床、療養病床数1,113床)であるため、次期保健医療計画では基準病床数を超えている一般病床数の追加割り当てがなく病床数の確保が難しくなるのではとの声も聞かれました。

19時30分からの1時間半と時間は限られていましたが、現在の地域医療に関して本音で議論することができた有意義な場となりました。
posted by 高野たけし at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

流鏑馬

暖かい陽射しに包まれた逗子海岸で26回目となる流鏑馬が開催されました。

9F03BDC9-0773-4CCD-85E0-C05BE83AB399.jpeg

逗子海岸に集まった多くの観覧者の目の前を弓馬が通り過ぎ、的を射るたびに大きな歓声が会場に響き渡っていました。

流鏑馬は六世紀の半ばに神事として始まり、平安朝では宮廷の公事として催されていたそうです。
その後、源頼朝が鎌倉に幕府を開き、天下泰平を祈願するため文治3年(1187年)8月15日に鎌倉八幡宮の宝前で流鏑馬を催し、以来文永3年(1267年)に至るまで毎年行われていたという歴史もあるとのことです。

こうした伝統武芸を『逗子海岸流鏑馬実行委員会』の皆さんが毎年市内外から多くの人が訪れる恒例行事に育てあげてくれましたが、来年度から市の補助金が無くなる可能性も出てきております。
運営費などの課題をクリアし、来年度以降も何とか継続される事を願っています。
posted by 高野たけし at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

第13回しおかぜ祭り

秋晴れの下、毎年恒例の『しおかぜ祭り』にお招きいただきました。

開会式に続き、会場では詩吟や尺八演奏、フラダンス、日本舞踊など、新宿会館で活動されているサークルの皆さんが日頃の練習の成果を披露くださり、来場者を楽しませてくれました。
特にマジックショーでは、テクニックだけでなくトークでも会場を盛り上げてくれました。

46295FF6-BF15-4033-B73C-52108BD15799.jpeg

また、屋外では焼きそばやフランクフルトなどが販売されており、もちろん買い食い。

B6DF86CB-FF64-45DC-B7F0-8E5932B9635A.jpeg

開催場所の新宿会館は指定管理者制度による管理運営がはじまって13年、地域に根ざした市民活動の拠点となっています。
これも、運営に携わる新宿地区市民活動推進協議会をはじめ地域の皆様のご尽力によるものと考えます。
これからも地域コミュニティーの場として皆さんに愛用され続けることを期待しているところです。
posted by 高野たけし at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする